早朝覚醒 原因 対策

早朝覚醒の原因と対策

早朝覚醒の原因と対策を教えて!

毎朝、4時や5時に起きてしまうのは何故?
まだ眠たいのに、まだ寝たいのに、そこから寝ることができなくなって寝不足になってしまうのは何故?

 

 

あなたはきっと、そんな日々を過ごさざるを得なくて家事や仕事に支障が出てしまっているから何とかしたい!と思われて、当サイトをご覧頂いているのだと思います。

 

早朝覚醒の原因と対策を知り、これからぐっすりと眠る方法はあるので、このサイトをじっくりとご覧になってください。

 

早朝覚醒の原因とは何なのか?

まず、これが分からなければ、早朝覚醒の対策をしたくてもできません。

 

闇雲に対策をしていても、それは対策ではなく、つもりになっているだけだからです。

 

高血圧は早朝覚醒の原因にも・・・

早朝覚醒の原因は、交感神経が興奮しているからだと言われています。
つまり、交感神経優位な状態が続いているから心臓の働きを活発になっていて、心臓が活発になっていると血管を収縮させて血圧を上げるため、だと言われています。

 

これは、高血圧の方に早朝覚醒の方が多いということからも、間違いないとお思われます。

 

なので、当サイトをご覧頂いているあなたも、高血圧である可能性が高いと思っています。
もしも高血圧であるなら、まずは血圧を正常にするために交感神経を抑える薬や、血圧を下げる薬を飲めば、ある程度は改善すると思います。

 

 

そして、もしも早朝に目が覚めてしまっても、しばらくは寝床でじっと我慢していることが大切です。
早朝覚醒は体が休みたいのに脳の血流が活発になっているため、目が覚めたからといって起きて脳を刺激してしまうと、一層血流が良くなって眠れなくなってしまうからです。

 

セロトニン不足も早朝覚醒の原因に

セロトニンの働きが弱くなってしまっている場合、覚醒と睡眠の切り替えが上手にできなくなり、体内時計が狂いやすくなります。
つまり、セロトニンが不足すると早朝覚醒を含む睡眠障害になる可能性も高くなってしまうんです。

セロトニンが不足すると早朝覚醒の原因に

 

セロトニンを増やすには

朝起きたら日光をしっかり浴びたり、規則正しい食生活、少しの運動をする習慣が必要になります。
また、ストレスを溜めないことも大切です。ストレスはセロトニンを破壊してしまうのです。

 

つまり、朝起きたら日光を浴びない、不規則な食生活を続けてしまう、運動する時間がない、ストレスが溜まりこんでしまう現代社会は、
早朝覚醒の原因になりやすい時代だと言えるでしょう。

早朝覚醒解決するのにおすすめの睡眠ドリンク

早朝覚醒対策に睡眠ドリンク

早朝覚醒を本気で改善したい方は、マインドガードDXを飲まれてみては?
早朝覚醒の原因のセロトニン不足をしっかりと補ってくれる南ポリネシア伝統の休息ハーブ「モリンダシトリフォリア」がぎっしりと含まれているので、これを飲むことによってセロトニンが大量に摂取することができます。

早朝覚醒が改善されてぐっすりと眠ることができるようになります。
詳しくはこちら